本堂建設しちゃった 法要篇3【会館さんありがとう、本堂さんよろしく。】

2017年8月14日。この日は仮本堂として使ってきた門徒会館の最終日。お盆だけあって夕方近くでもお参りの方がおられる。
その方々が途切れた夕食後、仮本堂としてのお役がひっそりと終了した。

 

だがここからが大変だった。

 

明日、本堂の使用開始できるよう整えないといけないのだ。
まずは仮本堂から。仮本堂に安置していたご本尊とその台座を降ろす。記録を見ると1657年に本願寺から下附された(授かること)ものだから360年ほど使ってきたものである。
そーっと、そーっと運び出す。特に仏さまの後ろにある放射状の棒(光背と言います)に気をつけながら。

そして前卓や上卓と呼ばれる机、ご本尊を置いていた台も降ろす。
この門徒会館には軸にお名号・・・南無阿弥陀仏と書かれたものを安置していた。それをまた掛ける。

 

ご本尊を移す前。
IMG_8846.JPG

 

ご本尊→お軸に。

IMG_8857.JPG

 

前卓(まえじょく)には本堂に安置するご本尊が。

IMG_8858.JPG

本堂建設しちゃった 法要篇2【周辺部分も整備しないと!】

本堂に大まかな荷物は入ったものの、ご本尊は入っていないし、細かいところは全く進んでいない。
仏具は入ったものの・・・.JPG

本堂の中を整えるのはもちろんであるが、外回りも最低限整えておく必要がある。
しかも、外回りはお金が発生するような大規模なものばかり・・・。

 

具体的に言うと、敷石と網戸。

本堂建設しちゃった 法要篇1【完成はしたものの・・・】

今回から法要篇です!

 

本堂建設はいよいよ2017年5月31日に完成し、6月1日からお寺の所有となった。
所有となったからと言ってもすぐに本堂として使えるわけではない。
IMG_8542.JPG

写真のように、ご本尊どころか他のものもなーんにもないのだ。まずは備品や仏具の搬入からしないと。

 

6月10日、建設委員会のメンバーにお願いして仏具以外の備品を搬入していただいた。

イスや大型テレビ、机、タンスなど重たいものばかりだが、男性が中心となりそれぞれの部屋に運び込んでもらった。
そのあとは女性の方が畳を乾拭き。新品の畳はカビになりやすいので、こまめな拭き掃除が必要なのだ。

 

搬入の様子。

IMG_8683.JPG

本堂建設しちゃった 建設篇9【じゃじゃーん、完成!!】

先月末に降誕会法要(親鸞聖人の誕生をお祝いする法要)があって、たくさんの方の参拝があったが本堂を見学してもらうことはできなかった。
というのも、引き渡し直前で仕上げ段階になったので、入室は一切不可になったからだ。

もうちょっとお待ちください!という挨拶を何度かする。

GWの合間、5月1日には清掃業者さんも来られた。アパートでも入居する前は清掃して渡すけど、そんな感じで清掃をするらしい。


GW明けてしばらくして、最終工事に大工さんたちが来られた。戸棚や収納などを作るためである。
だが・・・ちょうどその時に高知への長期出張とかぶって大工さんたちとは会うことができなかった。ん〜残念。

本堂建設しちゃった 建設篇8【いよいよ仕上げ段階(3月〜4月)】

3月の中頃、10日間弱ほど大工さんが来られた。外廊下(縁側部分)や周辺の細かい部分をするためだそう。
ここに来られる直前に、棟梁さんは福岡県朝倉市の現場に行かれていた。その現場、お坊さん仲間のお寺で納骨堂の建設を進めている。

友人のところでも同じ業者さんだと思うと、兄弟的建物に思えてくる。


縁側の設置、そして細かい部品をつけて大工さんの作業が終わる。

IMG_8298.JPG

あとは4月の中頃、門徒会館との接続部分や押入れの仕切りなどの最後の最後のところをするらしい。

続きを読む
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif