仏前結婚式。

また友だちが結婚しました。 

結婚したのはメリシャカメンバーのケンユウくんです。披露宴にお呼ばれしたので行ってきました。
普段から温和な表情だけど、さらに幸せそうな表情でした。 
 

ケンユウ君のお寺は温泉街のど真ん中にあって、すぐ近くには「山中座」という昔ながらの芸能ホールがあります。
新婦はそこからお寺まで人力車に乗ってお寺の本堂へ向かいます。

山中座。
写真はその人力車へ向かう新婦の様子。(携帯カメラ故、画像よくなくてごめんなさい!)
観光地でもあり、すぐ横には公衆浴場もあることから、さまざまな服装の人たちが見守る中、ゆっくりゆっくりと進んで行きました。
振り向かずに人生を一歩一歩あゆんでいくように。

 

結婚式。いろんなスタイルの結婚式に行かれたことがあると思います。

神前結婚式。
人前結婚式。
教会式結婚式。

もちろん!仏前で行う仏前結婚式というのもあります。


それぞれの神仏の前で結婚することを誓うものですけど、やっぱり今まで教会に行ったことがない人が教会式結婚式したり、神社に行ったことがない人が神前結婚式するっていうのはちょっと変だと思いませんか?
それから神道として、キリスト教徒として生きていくという宣言が込められているのなら、それはすっごくいいことですけど、単発で結婚式だけするってなんか寂しい気がするんです。

だって、誓うんですよ。神や仏の前で「この人と一生連れ添います!」と。
大切な誓いをその時だけって、それこそ神仏にも失礼でもあるし、それなりのある意味覚悟も必要だと思うんです。

まさにその誓いの指針となるもの。それが宗教だと思うんですよ。その指針となる神仏に誓うということこそ人生の節目ではないかと。

 

今週、親戚の結婚式のお手伝いをすることになっていて、タイムテーブルや式次第を作ったんですけど、新郎新婦誓いの言葉(浄土真宗ver)にこんな文言がありました。
「(前半省略)これからは 平穏な日も 苦難の日も つねに浄土真宗のみ教えを 聞きひらき 力を合わせて 悔いのない人生を歩まれるよう み仏のおん前にて 謹んで申し上げます」と。
真宗のご本尊である阿弥陀如来に向かって決意表明をする・・・それはそれは厳粛なはず。

ただ読むだけではなく、これから結婚を控えている方は誓うことの重大さ、大切さ、を噛みしめていくべきなんだろうなーと思います。
すでに結婚されている方は、これをきっかけに誓ったその内容がちゃんと反映できているか見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ま、ボクの場合、相手を見つけることろから始めないといけないんですけどね・・・。

 

 

 

 

 

あと、お世話になっている先輩のお寺で音楽イベントするみたいです。CAFEのようなCLUBのようなLOUNGEのような空間になるのでは・・・。。
場所は島根県の津和野です。詳細はこちらへ。
津和野。

コメント








   
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif