PNHとKTMぁ 攬Ε札鵐拭次

 エイズ病棟・ボンキリ僧王接見、プノンペンではもう1か所訪問した。


プノンペンにある「愛センター」。代表の渡辺藍さんは、ゴミの山で必死にお金になりそうなものを集めて生活している子どもたちを目の当たりにし、普通の生活をさせてあげたいという思いからフリースクールを設立した。
教室風景

 


そこへは真宗僧侶4人と美容師1人という編成で行った。美容師の方はここで合流。香港経由でプノンペンにやって、「いやー、ねむーい!」と言ってたのでフライト乗り継いで疲れたのかと思いきや、前日香港で遊びまくって3時間しか寝てないらしい・・・。



そこでの支援活動は、食糧の配布(愛想の悪いおばちゃんから買ったもの。前々回参照)・フリーヘアカット&スタイリング・バルーンアート・絵「あなたの夢は何ですか?」の創作である。


お金を寄付するというのも1つの方法であるが、今子どもたちが欲しいものや望むこと、という観点からそのような内容になった。



僕たちが敷地に入っていくと、子どもたちが駆け寄って来る。
「こんにちは〜」「こんにちは〜」全く人見知りしない。むしろこっちがひるんでしまうくらい元気に寄って来てくれる。
挨拶してくる子


ちょうど伺った時間帯は、小学生くらいの子どもたちが中心で、挨拶もそこそこに準備を始める。
美容師さんはハサミや櫛を準備し、僕たちはバルーンアートの準備をする。


「髪切って欲しい人??」
「はーい!」「はーい!」「はーい!」
あっという間に10人以上がエントリー。
カット中。ほぼ完成。


僕の方もバルーンアート用の風船を取り出した途端、子どもたちが寄って来て風船の取り合いになる。
「ちょ、ちょっと待って・・・今準備するから・・・」
バルーンアートの犬は割と簡単なので、素人の自分にもすぐできる。ただ、作っていると待っていられないのか、それとも他のものに興味があるのか、ハチマキを作って欲しいという子が激増。犬から急遽頭に巻くハチマキを作り始めた。
100個あった風船は1時間で完売。あっという間だった。
バルーンアート。ハチマキが大人気。


ヘアカット・バルーンアートが落ち着いた時、子どもたちに「あなたの夢は何ですか?」と題して絵を描いてもらう。僕たちが話しかけても集中していて反応がない。
あなたの夢はなんですか?制作中。


どの子も心底楽しんでいる様子。その笑顔だけで日本からやって来た甲斐があった。
友人はこの愛センターには何度か訪問している。大切なのは、一過性ではなく継続性だと言っていた。自分たちが無理のない範囲で、しかも自分たちも楽しめる、そんな活動をこれからも参加していきたいな。 

コメント








   
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif