本堂建設しちゃった 鐘楼篇2【契約と解体に向けて】

2018年4月29日。この日は降誕会法要(ごうたんえほうよう)という親鸞聖人の誕生を記念した法要で、うちのお寺では門徒総会も併せて行っている。
そこで鐘楼(鐘撞き堂)の建設の報告とその承認をいただき、全会一致で建設に向けてご門徒の皆さんにも認めていただいた。

お寺は住職のものではなく、門徒さん方の共有財産であると常々思っている。なので住職が勝手なことをすることは許されない。
そのこともあり、ちゃんと皆さんの同意のもとに進めていくのが筋である。本堂建設の時も門徒総会を経てということがあっただけに、どんな質問があっても答えられるよう心の準備をしておいた。

年末に本堂建設の会計報告の際に余剰金は鐘楼建設を視野に入れて進めていく、と記載しておいたのもあり、いたってスムーズに終わった。


その後すぐに建設業者の専務さんに連絡し、契約の日程を相談。お寺と社長・専務さんの予定をすり合わせて5月17日午後1時となった。


その契約日。朝から晴れて5月中旬だというのに30度までいくのでは、と思うほど。

 

1時前に建設委員会メンバー、専務さん社長さん双方とも集まる。
本堂に机を向かい合わせに置き、机の後方に総代さん方が見守る形で座る。

 

専務さんが契約の内容を読み上げる。
「鐘楼建設契約について総額は〇〇万円、支払いは最初と最後、工期は11月末・・・」

それをその場でいる人全員で確認していざサイン。

 

ふと本堂の契約の時を思い出す。契約までいろいろあったなー、もし支払いできなかったらどうしよう、など期待とちょっと不安もあった。

 

今回はまったくの平常心。本堂の時との金額の差なのか、2回目だからだろうか。いずれにしても「ここに署名、ここにハンコを」と指示されて、キレイな字で、キレイな押し方で、と冷静に対応できた。

こうしてさらっと契約が終わった。総代さん方もおられるので、新しい鐘楼がどのくらいの広さになるのか、白線を引いて想像してもらう。新しい鐘楼は今までのよりひと回り大きくなる予定である。

 

白線?.JPG

 

白線?.JPG

 

契約のあとは解体のための準備。といっても今回は荷物がたくさんあるという訳ではない。解体前にすることと言ったら、鐘楼周辺にある草木の処分と基礎部分にある木材の撤去くらいである。

前回と同じ写真と周辺の植木がなくなった様子。

 

伐採前

伐採前.JPG

 

伐採あと

伐採あと.JPG

 

旧鐘楼の土台基礎部分は真ん中で空洞になっていて、そこに焚き火用の薪が入っている。それを移動させないと。

あ、しまった。薪を移動する前の写真撮るの忘れてた!階段の左右に空洞があり、暗いけど薪が入っているのがお分かりになるだろうか。

 

薪移動前.JPG

移動し始めて2時間。移動して空洞部分に何もなくなった。あとは解体を待つのみ。

 

薪がなくなった!
薪移動後.JPG

 

拡大するとこんなかんじ。

IMG_0505.JPG

 

これを見るのもあと2カ月ほどかなぁ。

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif