本堂建設しちゃった 鐘楼篇6【2日で棟が上がる】

11月7日、鐘楼の周囲に足場を組む。建設していくのに足場を組まないと自分の背丈以上のところを作業することができない。
足場のパーツが運ばれてきたと思ったら2時間もしないうちに組み終わった。

 

真ん中から組み始めて・・・

IMG_1065.JPG

 

外側も組むとこんな感じ。

IMG_1070.JPG

 

1週間経った11月14日、プレハブが運ばれてきた。
今回は工期が短いので現場事務所 兼 休憩所は特に設けずに本堂の縁側で休憩、のつもりだったがこれから冬の時期に突入し、寒い中外で休憩という訳にいかないのでプレハブを設置することになった。
前回は組み立て式だったが、今回は出来上がった状態で運ばれてきた。まぁ前回の半分以下の大きさだしね。

 

トラックに乗せられてきて・・・

IMG_1083.JPG

 

ほぼ置くだけで設置完了。

IMG_1086?.JPG

 

次の日の11月15日、クレーン車と木材と大工さんが一気にやってきた。
トラックに木材がいっぱい積まれている。

 

無造作に積まれているように見えて・・・
IMG_1095.JPG


大工さんが到着すると、すぐに作業に取り掛かる。木材をトラックから降ろして、現場に運ぶ。作業の手順があるので、クレーンで運ぶ順番や置く位置もちゃーんと計算されているようだ。
ということは、積み込む時に降ろす順番を考えて積んでいることだよね。大工さんて作業効率やら順番やら先の先まで考えておられるんだ!!

 

クレーンで木材を運ぶ。
IMG_1104.JPG

 

木材を降ろしたら、すぐに組み立てに取り掛かる。どんな風にして組み立てていくのかなーと見ていると、地面でお神輿のように組んでそれをそのままクレーンで吊って足場の中に入れるという作戦だ。
クレーンだとホントに重いの?という速さで上がっていく。こことここの間に入れるというクレーン技術と微調整も要らないほどに木材加工をしているという2つの条件が揃ってこそできることだよね。

 

お神輿のように組むんで、
IMG_1112?.JPG

 

そのままクレーンで持ち上げる。

IMG_1113.JPG

 

11月16日、木工事二日目。
大きな4本の柱やその周辺は建ち、それから2日目にもかかわらず、どんどん見た目が変わってゆく。
2日目にして鐘が早くも登場。クレーンでひょいと持ち上げて吊り下げる箇所へ降ろす。

鐘は見た時は置いてある状態だったのに、1時間後に見に行ったらすでに吊り下げられてる!2日目にしてもう叩けるんじゃないか!と思ってしまうほどだ。

 

数百キロもあるもにクレーンだとひょいと持ち上がる。

IMG_1139.JPG

 

お神輿状の真ん中を目指して入れる。

IMG_1142.JPG

 

上から見ると・・・

IMG_1145.JPG

吊り下げる直前の作業。

IMG_1151.JPG

 

この日の最後の時点で棟が上がった。本堂の時は1ヵ月ほどかかったが、今回はすべてが早いので大事な場面を見逃さないようにしないと。

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif